飲食店の集客のために実行したいこととは

飲食店が集客を稼ぐために実行すべきことは

集客を上げるために経営者がしなくてはいけないこと

営業のみに追われ新しい客を獲得できない

ではこの恒久的な人手不足と売り上げの低迷にはどうやって対策していったらよいのでしょうか。
まず問題の一番大きな点はお店が営業のみに追われて全く余裕がなくその場しのぎになってしまっていることで、新しい顧客が全く獲得できていないのです。
これは宣伝活動を全くしていないことに大きな問題があります。
宣伝をしないで新規のお客を獲得することはまず不可能といってよいでしょう。
まずはアルバイトの確保から始めて自分がフリーになれる時間を作らなくてはなりません。
これができないと宣伝活動に時間が使えなくなります。
そのためには求人広告も打たなくてはいけませんし、人件費の計算もしなくてはいけませんので、経営状況を冷静な目で見ることが重要な課題になってきます。

定休日を作っても新規客宣伝活動をするべき

宣伝活動をする気持ち的余裕がないので毎日営業し続ける羽目になり、客の減少分がすべてマイナスになってしまい、いってもとんとん、最悪は赤字になってしまう飲食店の場合は思い切って定休日を作ってでも宣伝活動をして新規客取り込みをしなくてはいけません。
チラシやビラ配り、情報誌への登録としなくてはいけないことは山ほど出てくるはずです。
これらをしっかり粘り強く続けていけないと新規客の増加は期待できません。
定休日を作った分、維持費などは浮いているはずですから、それを人件費や宣伝費に回してとにかく人の目に認知してもらうことに勤めましょう。
日々営業している中でも店の前に張り紙をしたり店内に人の募集を張り出すとか、気持ちが切り替わればやるべきことはどんどん出てくるものです。


▲先頭へ戻る