飲食店の集客のために実行したいこととは

飲食店が集客を稼ぐために実行すべきことは

飲食店が集客増加へ向けてなすべきことは

現在の日本はものすごく不景気が続いている

現在の日本は景気の不調が長引いていわゆる不況という状態が長く続いており、特に外食産業の落ち込みぶりは深刻な社会問題になるほどの影響を受けています。
外食産業以外にも全体的に企業の衰退が目立ち始め、活躍の場が海外にある企業の方が元気な印象を与えます。
国の対策も災害の復興などで手が回らず、事業者たちは自分の力で道を切り開いていかなくてはなりません。
しかし日本の企業は多くの企業が中小や零細企業、個人事業主で成り立っており、一部の大企業を除いてはとてもやっていけないという声がほとんどを占めます。
こういった状態から抜け出すのはとても容易ではなく、事業をやめてしまう企業も少なくありません。
こういった状況に追い込まれるのはいつも小さな企業や個人事業主でニュースにも乗らないまま事業をたたんでいくところが後を絶ちません。

とくに飲食店はものすごい打撃を受けている

特に飲食店に対する景気の打撃は相当なもので、海外と比較しても相当に飲食店の廃業率は高い水準にあります。
影響として大きいのは外食をする人が不景気で急速に減っている事、企業の飲み会や期待時に外食によるという事も大きく減っているのが要因の一つになっているでしょう。
特に個人店は集客が大幅に減少しており、ここ数年での廃業率は日本の場合群を抜いています。
開業率と廃業率の差が日本は異常に少なく、店がオープンした数だけ廃業している店があるという事になってしまうのです。
しかし飲食業はこれに反して異常な人手が不足している業種ともいえます。
人員が少ないので不況でも余裕が全くないのです。
求人を出してもなかなか人が集まってこないそうでお店によっては店長が無休で働いている店も少なくないそうです。


▲先頭へ戻る