飲食店の集客のために実行したいこととは

飲食店が集客を稼ぐために実行すべきことは

飲食店が集客増加へ向けてなすべきことは

ここ数年にわたってまったく景気の見通しが立たない昨今、特に外食産業の低迷には深刻的なものがあります。飲食店の経営は悪化の一途をたどっており経営を維持するので精いっぱいというお店がほとんどで中には慢性的に赤字経営に陥っているところもあるようです。

集客を上げるために経営者がしなくてはいけないこと

集客を上げなくてはいけないのになかなかうまくいかない飲食店はどのような方法を取ったら集客を上げることができるのか、それには経営している人がしっかり新規開拓に時間を割くことが大事です。 ほとんどの赤字経営者は営業ばかりに気を取られて宣伝活動に時間を割いていないのがわかります。

飲食店が店の集客を上げるために実行しなくてはいけない基本事項

基本的に集客のできていない飲食店は店舗営業しかしていません。 つまり宣伝活動というのを全くしていないので集客につながらずそのままの状態が続いてしまうことになります。 定休日を設けてでも集客宣伝に使う時間をしっかり割くべきです。 また情報発信が少なすぎるのも良くないです。SNSなどを積極的に使いましょう。

最近の不景気で飲食店の経営は本当に大変

現在の日本は景気の低調がなかなか上向かないいわゆる不況の状態が長く続いており、特に影響を大きく受けているのが外食産業で飲食店のほとんどが収益改善に苦労している状態で、経常利益を伸ばしているのはほんのわずかでほかの飲食店はたいていがトントンの営業か赤字経営に陥っているところばかりになっている状況です。
この傾向は今後も続くと思われており、依然厳しい状況は避けられない状態です。
理由としてはほとんどの企業やお店が消費税の増税や集客力の鈍化で客離れが進んでいるところが特に目立ち、営業だけで手が回らないといった部分と外食産業に対する異常な人手不足が追い打ちをかけています。
しかし少しでも改善をしていかないと存続自体が危うくなることは目に見えています。
そこで取りくまなくてはいけないことはリピーターをいかに確保するかという事と新規顧客の開拓を行うことが一番最初に行う課題です。
赤字経営のお店のほとんどが毎日営業しているだけで宣伝活動というものを行っていないことが目立ちます。
実は定休日を設けてでも宣伝活動を行って新規開拓をする時間を作るべきなのです。
そうしないと新規客どころか常連客も確保することが難しくなってしまいます。
またメディアをうまく使いこなしていないところが多いですね。
今やネットの時代ですからどんどんインターネットを通じて広告やクーポン、情報を発信していかなくてはいけません。
そのために一番今効果があるのはSNSで拡散することです。
SNSは拡散の数が尋常ではないので上手くハマれば瞬く間に宣伝活動が可能になります。
このサイトでは飲食店の集客で実行しなくてはいけないことについて調べてみたいと思います。

▲先頭へ戻る